毛布を選ぶならカシミヤ毛布とキャメル毛布どっちがいいの?

ちょっと高級な毛布を選ぶとき、カシミヤ毛布とキャメル毛布があります。
どちらも獣毛毛布の仲間ですが、どちらがよいのでしょうか?


それぞれの特徴についてしらべてみました。


カシミヤ毛布は、中央アジアのカシミール地方に生息するカシミヤ山羊の刺毛の下にある繊毛(産毛)を使って作られた毛布です。
カシミヤ山羊1頭から取られる繊毛の量は150〜200g前後なので、1枚の毛布を作るのに約20頭分の繊毛が必要と言われます。
カシミヤ毛布の特徴であるやわらかな光沢と軽い肌触りが人気です。


キャメル毛布は中央アジアの寒冷地帯に飼育されるコブのあるラクダから取られる毛で作られた毛布です。

続きを読む

カシミヤ製品はどうして高価なの?

カシミヤ100%の製品はとても高価です。
上質のカシミヤになるとなおさら。
では、どうしてこんなに高価なのでしょう?

調べてみました。


それは、カシミヤがとても貴重な素材で、大量生産ができないからなんです。
カシミヤというのは、山羊の名前です。
カシミヤ山羊はチベットが原産で、寒暖差の大きい、自然条件の厳しいところにしか生息しません。
さらに、繁殖も難しく、受胎率が低いので1年に1頭しか生まない上に、その1頭も無事に生まれてくる可能性が低いという状況です。
さらにさらに、カシミヤは生存年が7〜8年と短い上に、上質の繊維が取れる時期は3〜5歳にあたる年の5月ごろの年1回のみ。
採取する毛も全身に生えている刺毛ではなくて、その内側にある繊毛つまり産毛なんです。
その量、1頭につき200g前後という少ない量。これは希少価値が高いですよね。


続きを読む

カシミヤ毛布の特徴は?

これから寒くなってくると、寝るときには毛布が恋しくなりますよね。カシミヤの毛布というのがあるのだそうです。
どんな毛布なのでしょう?


カシミヤの毛布は獣毛の毛布ということになるそうです。
中央アジア、カシミール地方の高原に生まれ育つカシミヤ山羊のことです。
毛の色は白、灰色、茶褐色があって、カシミヤ特有の軽さとソフトな光沢、滑らかな感触が人気だそうです。


カシミヤ山羊の寿命は7〜8年で年に1頭しか子どもを生まないということで、カシミヤ山羊はなかなか増えません。
しかも、毛を取れるのは3〜5才のころとさらに限られた時期なので、カシミヤは大変貴重なものです。
しかも、1頭からわずか100gほどしか取れないということで、さらに希少性の高いものです。

続きを読む

カシミヤのコートを選ぶコツは?

上客と思われたい店に行くときに、着ていくのにふさわしいコートはカシミヤのコートなのだそうです。
やはり、カシミヤは格が違うのですね。
では、そのカシミヤのコート、購入するときに選ぶコツはどんなところでしょうか?


カシミヤのコートを選ぶときには、光沢と手触りを基準に、あちこちの店に行って実際に羽織ってみることが一番なのだそうです。
最近では、値段=質の良さとは限らないので、手間をかけて上質なものを選ぶことが必要なのだとか。
そうやって、足を運んで探して回って、本当に上質なカシミヤのコートが3万円以下で手に入ったら、これはとてもオトクなのだそうですよ。
もし、そんなに手間をかけられないという場合は、10万円以上のカシミヤコートを購入すれば、ほぼ間違いないのだとか。


もう少し詳しい選び方のコツについて調べてみました。

続きを読む

カシミヤって何?

セーターなどで名前を聞く「カシミヤ」。
「高級なセーターはカシミヤに尽きる」なんて言われているけれど、カシミヤっていったい、どんなものなのでしょう?調べてみました。


カシミヤは、分類でいうと山羊科の山羊属に区分されるそうです。
生育地は中国、モンゴル、イランなどの寒暑の厳しい山岳地なのだとか。
日中はとても暑いけれど、夜になるとグッと冷えて寒くなるという気候に生まれ育つので全身は剛毛の下に産毛という2重の体温維持構造になっているのだそうです。
そのうち、人間がカシミヤとして利用するのは、内側にある産毛のほう。
これは1頭の羊から150〜250gくらいしか取れないというわずかの量なのです。とても希少価値のあるものなのですね。


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。