毛布を選ぶならカシミヤ毛布とキャメル毛布どっちがいいの?

ちょっと高級な毛布を選ぶとき、カシミヤ毛布とキャメル毛布があります。
どちらも獣毛毛布の仲間ですが、どちらがよいのでしょうか?


それぞれの特徴についてしらべてみました。


カシミヤ毛布は、中央アジアのカシミール地方に生息するカシミヤ山羊の刺毛の下にある繊毛(産毛)を使って作られた毛布です。
カシミヤ山羊1頭から取られる繊毛の量は150〜200g前後なので、1枚の毛布を作るのに約20頭分の繊毛が必要と言われます。
カシミヤ毛布の特徴であるやわらかな光沢と軽い肌触りが人気です。


キャメル毛布は中央アジアの寒冷地帯に飼育されるコブのあるラクダから取られる毛で作られた毛布です。

続きを読む

カシミヤ毛布の特徴は?

これから寒くなってくると、寝るときには毛布が恋しくなりますよね。カシミヤの毛布というのがあるのだそうです。
どんな毛布なのでしょう?


カシミヤの毛布は獣毛の毛布ということになるそうです。
中央アジア、カシミール地方の高原に生まれ育つカシミヤ山羊のことです。
毛の色は白、灰色、茶褐色があって、カシミヤ特有の軽さとソフトな光沢、滑らかな感触が人気だそうです。


カシミヤ山羊の寿命は7〜8年で年に1頭しか子どもを生まないということで、カシミヤ山羊はなかなか増えません。
しかも、毛を取れるのは3〜5才のころとさらに限られた時期なので、カシミヤは大変貴重なものです。
しかも、1頭からわずか100gほどしか取れないということで、さらに希少性の高いものです。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。